前月へ    次月

【前年同月比】

 

平成22年4月の景況
 ……中小業団体情報連絡員より……

特記事項

好転

やや好転

変わらず

やや悪化

悪化

業種(中分類) 業種(大分類) 売上高 在庫数量 販売価格 取引条件 収益状況 資金繰り 設備操業度 雇用人員 業界の景況
食料品製造業 製造業
繊維・同製品製造業 製造業
木材・木製品製造業 製造業
紙・紙加工品 製造業
出 版・印 刷  製造業
化学製品製造業 製造業
窯業・土石製品製造業 製造業
鉄鋼・金属製品製造業 製造業
一般機器製造業 製造業
電気機器 製造業
輸送用機器製造業 製造業
その他製造業 製造業
卸  売  業 非製造業
小  売  業 非製造業
商  店  街 非製造業
サービス業 非製造業

建  設  業 非製造業

運  輸  業 非製造業

その他非製造業 非製造業

 

 

【特記事項】

       (4月の景況から)

業  種 業種(小) 業界の問題点
食料品 製粉製麺 高速道路の休日1,000円効果で売れ行き好調な業者もあるが、麺業界全体では前年割れである。4月から小麦価格が下がったので小麦粉も5月から若干下がる。
食料品 調理食品 出荷高は前年同月比で99.3%であった。
食料品 醤油 4月より新事業年度を迎え新たな気持ちで望みたいが、当月の組合員の業況はほぼ前年並みの実績と推察される。当組合4月の生揚出荷数量は前年同月比99%位で推移しており、4月以降原料小麦(輸入麦)が値下がり傾向にあり、本年度は原料費のコストダウンが見込まれると期待している。
繊維・同製品 手袋 21年度は予想外の寒波で手持在庫、流通在庫とも減少したがデフレの影響が大きく、販売価格の下落でコスト削減に苦慮している。
木材・木製品 家具 5/12〜5/16の日程で当組合、漆器組合、徳島木竹連合会の三者でサンメッセ香川で見本市、家具漆器フェアを開催した。5/12.13の業者対象は昨年比22.1%増(50人増)であるが、一般対象は昨年2日、今年3日である昨年よりも人員は129人減少している(今年2,220人)。一般対象では集客力がかなり減少しているので一般対象では売上も減少していると考える。
木材・木製品 製材 新年度に対する期待はあったが、その期待感も消滅。
木材・木製品 木材 毎回同じであるが、住宅着工数の減少が続いている。
印 刷  印刷 クライアントのコスト削減指向が強く、需要減少傾向が依然として続いており、印刷企業経営を取り巻く環境は厳しいままである。
窯業・土石製品 生コン 売上減による組合員の資金繰りの悪化又価格の低下等市場の悪化が懸念される。
窯業・土石製品 ブロック 前期は好調に終了したが、今期は不安を感じる。
窯業・土石製品 石材加工 現状はまだまだ厳しさを脱していないが、昨年同時期に比べれば幾分か落ち着いてきたように思われる。新年度の期待したい。
窯業・土石製品 石材 「庵治ストーンフェア2010」5月22日〜23日開催に向かって準備中です。
鉄鋼・金属 鍍金 他県の組合員によると発注メーカーの生産部門が一部四国外に出た為の受注量減少に陥ったとのこと。相変わらず海外移転の可能性も払拭できず、基本のQ(品質)、C(コスト)、D(納期)に加えS(サービス)が求められているところである。
一般機器 一般産業用機械・装置 基本的な動向は売上、収益ともに従来と変わりなく厳しい状況であるが、小さい部品がやや微増の動きがあり、将来につなげればよいと考える。建設機械は5.6月から生産を増やす動き、建築は部品等が増加、造船は従来と変わらず。
輸送用機器 造船 修繕船が入ったので雇用人員は増加、売上げは来月となります。
その他製造業 団扇 5月に入り電話での問い合わせは増加したように思えるが、なかなか受注決定にはならない状況である。
その他製造業 漆器 新年度に入るも相変わらず景況は厳しい。特にデパート業界は再編が進み売場の減少が著しい。新規の小売店開拓も難しく、インターネットや通販といった無店舗形式の販売も質感を重視する漆にはなかなか対応が厳しい。
その他製造業 綿寝具 昨夏の衆議院選挙で政権交代があり、景気回復に大きな期待が寄せられましたが、事業仕分けによる予算の縮減で組合と関係しいてる公共事業の執行が厳しくなり、売上げが激減しました。
卸  売  業 セメント 建築・土木ともに良い状況ではない。本年度においては厳しい状況は変わらないであろう。ただ、来年度においての公共事業は上向くであろう。
小  売  業 各種商品 消費者の景気停滞感に関心が薄くなって益々消費が落ち込んでいる。
小  売  業 青果物 高値が続き売上が増加
小  売  業 石油 元売りの仕切り値上げに利益が伴わない状況です。6月には新日石とJOMOの合併もあり、益々先が見えないところです。
小  売  業 電機 デジタルテレビの販売は1〜3月も好調を続けている。エコポイント基準の切替や新生活需要などで3月も前年比2倍以上の販売実績です。4月はやや一服感があったものの前年以上の推移が続いており、メーカー各社の新商品発表などもあり再び盛り上がりが期待できる状況です。売れ筋品は品不足の状況で、5月の売れ行きを心配する声もあるがエコポイント対象商品を中心に伸びている。
商  店  街 高松市 悪いままで業況に変化なし。
商  店  街 高松市 年度変わりの4月でしたがどの業種の方も、4月とは思えないと言われます。医療費の負担増、増税が消費者の財布を固くしているのか商店街の通行者は減っている。
商  店  街 坂出市 報道で見る下げ止まり等の回復基調は全く感じられない。6月からの子供手当の実施でどう変わるかに期待する。
商  店  街 丸亀市 街に人が全く来ない状況が続いている。長年続いた商店街の老舗のひとつが4月末で閉店した。会費の未納者が増加している街もあり、総会を前に問題となっている。いつくかの店の奥さんが副業でスーパーのレジ打ちや品だし等にいっている。どうにもこうにもならない絶望的な有り様と言える。
サービス業 ディスプレイ 景気低迷は今まで通り。政情不安定もひとつの原因かも。新年度になり少しは者が動くと思っていたが変わり無し。
サービス業 旅館 今月は、またも稼働率が下がった。出張が減り、競争が価格面に完全に移行している。低価格化になんとか歯止めをかけるべく各ホテルが努力しているが、全国系ホテルが更に低価格化を進め、他業界と同様に体力勝負となっている。また、丸亀町G街区にホテル建設が進み3年後にオープンするとどうなるか、相当の脅威である。
サービス業 情報 引き合いは増えつつあるが、受注実績増まで時間がかかっている。
運  輸  業 トラック 年度末の高速道路利用額は対前年同月比で111.9%と21年度中始めて対前年同月比でプラス数値となった。前年に比べて割引率が拡大している中でプラスとなったことは年度末に荷動きが増えたものと推察される。年間集計では21年度は前年比-16.8%となり、未だ厳しい状況が続くものと思われる。
運  輸  業 貨物 テレビ・新聞等で言われているような景況感はない。

 

トップへ