官公需関係情報

1.官公需について

 官公庁や独立行政法人などが、物品を購入したり、サービスの提供を受けたり、工事を発注したりすることを『官公需』といいます。
 官公需契約には、物品等の調達、庁内の清掃や警備、印刷などの役務、道路建設や河川の補修などの工事等があり、多岐にわたっていることから、様々な分野の中小企業者の方が受注することが可能です。
 また、対価の支払いについても、会計法などの法令に基づき遅延などはなく、安定していることから、経営面に及ぼす効果も大きなものがあります。

2.官公需適格組合について

【物品・役務関係の証明基準】
@組合の共同事業が、組合員の協調裡に円滑に行われていること
A官公需の受注について熱心な指導者がいること
B常勤役職員が1名以上いること
C共同受注委員会が設置されていること
D役員と共同受注した案件を担当した組合員が連帯責任を負うこと

E検査員を置くなど検査体制が確立されていること
F組合運営を円滑に遂行するに足りる経常的収入があること

【◆工事関係の証明基準】   
上記の基準に加えてさらに

G共同受注事業を1年以上行っており相当程度の受注実績があること
H公共性のある施設若しくは工作物又は多数の者が利用する施設若しくは工作物に関する重要な建設工事であって、工事1件の請負代金の額が2,500万円(当該建設工事が建築一式工事である場合にあっては、5,000万円)以上のものを請け負おうとする組合にあっては、常勤役職員が2名以上おり、当該役職員のうち2名以上が技術職員であること。以外の工事を請け負おうとする組合にあっては、事務局常勤役職員が1名以上いること。
I総合的な企画および調整を行う企画・調整委員会が現場ごとに設置され、工事全体が契約通りに施工される体制が整備されていること


◆香川県の官公需適格組合
◆全国の官公需適格組合
◆官公需適格組合便覧(平成26年5月版)

 

3.官公需施策と官公需適格組合に関する参考URL
●官公需 総合相談センターについて
●官公需情報ポータルサイト

     ※下記の関係省庁については、それぞれのホームページをご参照下さい。
  ・四国地方整備局 ・高松国税局 ・香川県 ・高松市

トップへ