会則

(目 的)
第1条 本会は、香川県内における中小企業等協同組合法、中小企業団体の組織に関する法律、商店街振興組合法及びその他特別の法律に基づく各種中小企業団体並びに中小企業に関係する法人及び団体(以下「組合等」という。)の後継者団体を中心に組織し、香川県中小企業団体中央会(以下「中央会」という。)の青年部組織として会員の活動を総括するとともに、組合等における青年部の設置とその指導、並びに組合等の健全なる発展と企業の合理化、近代化及び高度化を推進するための研修等を行い、これによって会員相互の連繋を強め、もって中小企業並びに組合等の振興に寄与することを目的とする。

(名 称)
第2条 本会は、香川県中小企業団体中央会青年部(以下「本会」という。)と称する。

(事務所)
第3条 本会の事務所は、中央会に置く。

(事 業)
第4条 本会は、第1条の目的を達成するため、次の事業を行う。
 1.組合等及び中小企業経営に関する研修
 2.中小企業界における各種業界問題に関する研修
 3.組合等青年部の活動促進
 4.各種の研修及び相互の親睦をはかるための行事の開催
 5地域社会に対する奉仕
 6.中央会が行う事業に対する協力
 7.その他本会の目的を達するために必要な事業

(会員の資格)
第5条 本会の会員たる資格は、次に掲げる者とする。
 1.会員:中央会会員組合に設置されている青年部及び後継者団体
 2.特別会員:中央会特別会員に設置されている後継者団体
 3.個人会員:中央会会員組合の組合員企業並びに中央会特別会員の会員企業

 (加 入)
第6条 加入は、前条の資格者であって加入を希望するものにつき、本会会長が承認したものとする。

(脱 会)
第7条 脱会は、次に掲げる場合とする。
 1.本人の申し出による場合
 2.本人が死亡した場合
 3.除名された場合

(除 名)
第8条 会員が次の各号の一つに該当するときは、本会総会の決議により除名することができる。
 1.本会の体面を傷つけたとき
 2.本会の目的に反する行為のあったとき
 3.その他会員として適当でないと認められたとき
 

(会 費)
第9条 本会は、必要に応じて会費を賦課することができる。

 (役員の定数)
第10条 本会に次の役員を置く。
 1.理 事   30名以上40名以内
 2.監 事  2名

(役員の要件)
第11条 本会の役員は会員の構成員でなければならない。

2 
役員については、その改選年度当初において原則として満50歳以下の者とする。ただし、正副会長については、満50歳以下の者とする。

(役員の選任)
第12条 役員の選任は、総会において理事及び監事を選任し理事のうちから互選により会長1名、副会長11名以内を選任する。

(役員の任期)
第13条
 役員の任期は2年とする。

(役員の職務)
第14条 会長は、本会を代表して業務を執行する。
 副会長は会長を補佐し、会長に事故又は欠員があるときは理事会において定めたところに従いその職務を代理し、又は代行する。
 理事は、会長及び副会長を補佐して本会の業務を執行する。
 監事は、本会の業務及び会計を監査する。

(顧 問)

第15条 本会に顧問を置くことができる。
 顧問は、学識経験のある者のうちから、理事会の議決を経て会長が委嘱する。

(相談役)
第16条 本会に相談役を置くことができる。
 相談役は、理事会に諮り会長が委嘱する。

(会議の招集)
第17条 本会の会議の招集は、青年部会長が行う。

(総 会)
第18条 総会は、通常総会及び臨時総会とする。
 通常総会は毎事業年度終了後3ケ月以内に、臨時総会は必要があるときは何時でも理事会に諮り、会長が招集する。
 総会において次の事項を議決する。
 1.事業計画及び予算の決定
 2.事業報告及び決算の承認
 3.会則の変更
 4.その他、理事会が必要と認める事項

(総会の議事)
第19条 総会の議事は、出席者の議決権の過半数で決し、可否同数のときは議長の決するところによる。

(理事会)
第20条 理事会は、会長、副会長及び理事をもって構成し、会長が招集する。
 理事会は、総会に提出する議案、業務執行に関する事項及びその他必要な事項を決議する。
 理事会の議決は、出席者の過半数で決する。

(部会及び委員会)
第21条 本会に業務別及び問題別に部会並びに委員会を置くことができる。

(事業年度)
第22条 本会の事業年度は、毎年4月1日に始まり3月31日に終わるものとする。

(中央会との連絡)
第23条 本会の業務の推進については、中央会と密接な連絡をとりつつ行うものとする。

◆この会則は、平成10年7月1日から施行する。