調査実施要領

1.調査の目的
 香川県内における中小企業の労働事情を的確に把握し、適正な中小企業労働対策の樹立並びに中央会労働指導方針の
策定に資することを目的として、毎年定期的に実施しているものである。


2.調査機関

 香川県中小企業団体中央会


3.調査実施方法

 会員組合への依頼による郵送調査


4.調査時点

 平成15年7月1日


5.調査対象事業所

 600事業所(製造業・非製造業)


6.調査対象の選定

 県内の従業員規模300人以下の中小企業を任意抽出し一定業種に偏しないよう選定した。


7.調査の主な内容

 (1)経営に関する事項
 (2)労働時間に関する事項
 (3)雇用に関する事項
 (4)育児休業、介護休業に関する事項
 (5)賃金に関する事項
 (6)その他労働に関する時々の重要事項

 

 

 

回答事業所の概要

1.回答事業所数と内容       有効回答数 352事業所

 平成15年度調査の回答事業所は、調査対象事業所600事業所のうち、製造業205事業所、非製造業147事業所の合計352事業
所で、回答率は58.6%であった(昨年度46.7%)。
従業員規模別にみると、「10〜29人」の事業所が最も多く153事業所(43.5%)であり、次いで「1〜9人」が95事業所(27.0%)、
「30〜90人」平成15年度調査の回答事業所は、調査対象事業所600事業所のうち、製造業205事業9人」が75事業所(21.3%)、
「100〜300人」が29事業所(8.2%)となっている。

表1 回答事業所数
区分 事業所数 従業員規模 常用労働者数(人) 平均労働者数(人)
1〜9人 10〜29人 30〜99人 100〜300人
352 95 153 75 29 11,535 32.77
     製造業 計 205 55 95 41 14 5,967 29.11
  食 料 品 44 11 20 9 4 1,402 31.86
  繊維・同製品 27 7 9 9 2 965 35.74
  木材・木製品 31 16 12 2 1 515 16.61
  出版・印刷・同関連 17 1 7 6 3 941 55.35
  窯業・土石 40 11 27 2   515 12.88
  金属、同製品 34 8 14 9 3 1,226 36.06
  機械器具 3   1 1 1 181 60.33
  その他の製造業 9 1 5 3   222 24.67
     非製造業 計 147 40 58 34 15 5,568 37.88
  運 輸 業 36 3 14 11 8 2,165 60.14
  建 設 業 46 7 23 14 2 1,415 30.76
     総合工事業 28 2 12 12 2 1,112 39.71
     職別工事業 10 4 5 1   152 15.20
     設備工事業 8 1 6 1   151 18.88
    卸・小売業 41 21 14 3 3 1,019 24.85
     卸 売 業 12 6 5 1   168 14.00
     小 売 業 29 15 9 2 3 851 29.34
    サービス業 24 9 7 6 2 969 40.38
     対事業所サービス業 9 2 2 3 2 666 74.00
     対個人サービス業 15 7 5 3   303 20.20

 

2.労働組合の有無

 労働組合のある事業所は、31事業所(昨年度18事業所)であり、全産業の8.8%であった。
 組織率を規模別にみると、「100〜300人」が31.0%と最も高くなっている。
 業種別では、製造業が7.3%、非製造業においては10.9%となっている。

表2 労働組合の有無        
      事業所数 労働組合の有無 組織率(%)
      あ る な い
 全 国       21,081 1,712 19,369 8.1%
 香 川        352 31 321 8.8%
規模別     1〜9人       95 1 94 1.1%
   1〜4人      36   36  
   5〜9人      59 1 58 1.7%
    10〜29人     153 12 141 7.8%
    30〜99人     75 9 66 12.0%
    100〜300人   29 9 20 31.0%
  製造業 計 205 15 190 7.3%
       食料品       44 5 39 11.4%
       繊維・同製品    27   27  
       木材・木製品    31 1 30 3.2%
       出版・印刷・同関連 17   17  
       窯業・土石     40 5 35 12.5%
       金属・同製品    34 3 31 8.8%
       機械器具      3 1 2 33.3%
       その他       9   9  
  非製造業 計     147 16 131 10.9%
     運輸業       36 13 23 36.1%
     建設業       46   46  
       総合工事業     28   28  
       職別工事業     10   10  
       設備工事業     8   8  
     卸・小売業     41 3 38 7.3%
       卸売業       12 1 11 8.3%
       小売業       29 2 27 6.9%
    サービス業      24   24  
       対事業所サービス業 9   9  
       対個人サービス業  15   15  

 

3.常用労働者数

 常用労働者数は11,535人で、男性8,354人(72.4%)、女性3,181人(27.6%)となっている。
 男女別の全国平均は、男性(70.9%)、女性(29.1%)となっており、本県とほぼ同じ結果になっている。
 業種別にみると、男性常用労働者比率は、製造業では「機械器具」(87.8%)、「金属・同製品」(87.4%)、「窯業・土石」
(84.5%)、非製造業では「運輸業」(91.9%)、「建設業」(86.5%)の順で高くなっている。
 一方、女性労働者比率が最も高いのは、製造業では「繊維・同製品」(62.3%)、非製造業では「サービス業」(42.0%)
となっている。

表3 常用労働者数     上段:労働者数 下段:%
      事業所数 全体 男性 女性
 全 国 21,081 684,739 485,309 199,430
100 70.9 29.1
 香 川 352 11,535 8,354 3,181
100 72.4 27.6
     規        模 別    1〜9人 95 522 342 180
  100 65.5 34.5
    1〜4人 36 109 71 38
  100 65.1 34.9
     5〜9人 59 413 271 142
  100 65.6 34.4
   10〜29人 153 2,629 1,947 682
  100 74.1 25.9
   30〜99人 75 3,824 2,717 1,107
  100 71.1 28.9
   100〜300人 29 4,560 3,348 1,212
  100 73.4 26.6
  製造業 計 205 5,967 3,949 2,018
100 66.2 33.8
       食料品 44 1,402 691 711
    100 49.3 50.7
       繊維・同製品 27 965 364 601
    100 37.7 62.3
       木材・木製品 31 515 402 113
    100 78.1 21.9
       出版・印刷・同関連 17 941 697 244
    100 74.1 25.9
       窯業・土石 40 515 435 80
    100 84.5 15.5
       金属・同製品 34 1,226 1,071 155
    100 87.4 12.6
       機械器具 3 181 159 22
    100 87.8 12.2
       その他 9 222 130 92
    100 58.6 41.4
  非製造業 計 147 5,568 4,405 1,163
100 79.1 20.9
       運輸業 36 2,165 1,990 175
    100 91.9 8.1
       建設業 46 1,415 1,224 191
    100 86.5 13.5
       総合工事業 28 1,112 975 137
    100 87.7 12.3
       職別工事業 10 152 124 28
    100 81.6 18.4
       設備工事業 8 151 125 26
    100 82.8 17.2
       卸・小売業 41 1,019 629 390
    100 61.7 38.3
        卸売業 12 168 123 45
    100 73.2 26.8
        小売業 29 851 506 345
    100 59.5 40.5
       サービス業 24 969 562 407
    100.0 58.0 42.0
        対事業所サービス業 9 666 387 279
    100 58.1 41.9
        対個人サービス業 15 303 175 128
    100 57.8 42.2

 

4.常用労働者の年齢別構成

 常用労働者の年齢別構成をみると、前年同様「45〜54歳」が26.2%と最も多く、次いで「25〜34歳」(22.2%)、「35〜44歳」
(18.7%)と続く。
 従業員規模別では、「25〜34歳」では規模が大きくなる程、構成比率が高くなっているが、「60〜64歳」・「65歳以上」では規模が
小さくなる程構成比率が高くなっている。
 業種別にみると、「出版・印刷・同関連」で「25〜34歳」が42.3%と若年層の比率が高くなっている。逆に「対事業所サービス業」で
は「60歳以上」が34.0%と常用労働者の高齢化が目立っている。

 

表4 常用労働者の年齢別構成             上段:労働者数 下段:%
      事業所数 常用労働者数計 24歳以下           25〜34歳         35〜44歳         45〜54歳         55〜59歳         60〜64歳         65歳以上          
 全 国       21,047 682,973 63,060 161,426 142,883 175,192 84,856 37,556 18,000
100 9.2 23.6 20.9 25.7 12.4 5.5 2.6
 香 川        352 11,535 840 2,558 2,154 3,026 1,783 801 373
100 7.3 22.2 18.7 26.2 15.5 6.9 3.2
規 模 別  

 

  1〜9人       95 522 19 97 104 130 80 53 39
100 3.6 18.6 19.9 24.9 15.3 10.2 7.5
   1〜4人      36 109 6 13 19 32 13 15 11
100 5.5 11.9 17.4 29.4 11.9 13.8 10.1
   5〜9人      59 413 13 84 85 98 67 38 28
100 3.1 20.3 20.6 23.7 16.2 9.2 6.8
    10〜29人     153 2,629 147 520 471 757 407 214 113
  100 5.6 19.8 17.9 28.8 15.5 8.1 4.3
    30〜99人     75 3,824 328 860 668 969 600 276 123
  100 8.6 22.5 17.5 25.3 15.7 7.2 3.2
    100〜300人   29 4,560 346 1,081 911 1,170 696 258 98
  100 7.6 23.7 20 25.7 15.3 5.7 2.1
  製造業 計      205 5,967 414 1,443 1,128 1,642 832 340 168
100 6.9 24.2 18.9 27.5 13.9 5.7 2.8
       食料品       44 1,402 80 273 275 415 202 108 49
    100 5.7 19.5 19.6 29.6 14.4 7.7 3.5
       繊維・同製品    27 965 66 212 170 290 159 48 20
    100 6.8 22.0 17.6 30.1 16.5 5.0 2.1
       木材・木製品    31 515 19 98 91 150 80 51 26
    100 3.7 19.0 17.7 29.1 15.5 9.9 5.0
       出版・印刷・同関連 17 941 119 398 188 134 59 27 16
    100 12.6 42.3 20.0 14.2 6.3 2.9 1.7
       窯業・土石     40 515 5 45 101 205 102 38 19
    100 1 8.7 19.6 39.8 19.8 7.4 3.7
       金属・同製品    34 1,226 96 312 223 328 177 56 34
    100 7.8 25.4 18.2 26.8 14.4 4.6 2.8
       機械器具      3 181 17 60 21 52 26 4 1
    100 9.4 33.1 11.6 28.7 14.4 2.2 0.6
       その他       9 222 12 45 59 68 27 8 3
    100 5.4 20.3 26.6 30.6 12.2 3.6 1.4
  非製造業 計     147 5,568 426 1,115 1,026 1,384 951 461 205
100 7.7 20.0 18.4 24.9 17.1 8.3 3.7
     運輸業       36 2,165 63 326 446 647 476 170 37
  100 2.9 15.1 20.6 29.9 22.0 7.9 1.7
     建設業       46 1,415 146 408 244 307 174 82 54
  100 10.3 28.8 17.2 21.7 12.3 5.8 3.8
       総合工事業     28 1,112 129 334 190 228 127 58 46
    100 11.6 30.0 17.1 20.5 11.4 5.2 4.1
       職別工事業     10 152 4 34 26 39 26 17 6
    100 2.6 22.4 17.1 25.7 17.1 11.2 3.9
       設備工事業     8 151 13 40 28 40 21 7 2
    100 8.6 26.5 18.5 26.5 13.9 4.6 1.3
     卸・小売業     41 1,019 159 249 198 236 118 31 28
  100 15.6 24.4 19.4 23.2 11.6 3.0 2.7
       卸売業       12 168 16 46 37 47 12 7 3
    100 9.5 27.4 22.0 28.0 7.1 4.2 1.8
       小売業       29 851 143 203 161 189 106 24 25
    100 16.8 23.9 18.9 22.2 12.5 2.8 2.9
    サービス業      24 969 58 132 138 194 183 178 86
  100 6.0 13.6 14.2 20.0 18.9 18.4 8.9
       対事業所サービス業 9 666 10 61 83 140 146 151 75
    100 1.5 9.2 12.5 21.0 21.9 22.7 11.3
       対個人サービス業  15 303 48 71 55 54 37 27 11
    100 15.8 23.4 18.2 17.8 12.2 8.9 3.6

 

5.女性常用労働者比率
 
 女性常用労働者比率をみると、「10〜20%未満」が22.7%と最も多く、次いで「20〜30%未満」(19.0%)、「30〜50%未満」(16.8%)
となっている。女性比率50%未満は、全体の79.6%で、昨年の80.3%より0.7ポイント下回っており、女性常用労働者比率は増加傾向にあ
るといえる。
  業種別では、「繊維・同製品」が「70%以上」37.0%(昨年40.0%)と他業種と比べて高くなっている。
 逆に「10%未満」が「運輸業」で58.3%(昨年57.1%)、「機械器具」で33.3%(昨年50.0%)と女性常用労働者比率が低くなっている。

 

表5 女性常用労働者比率             上段:人数 下段:%
      1事業所あたりの比率

0%

10%未満

10〜20%未満

20〜30%未満

30〜50%未満

50〜70%未満

70%以上
 全 国       29.12 1,222 2,467 4,968 3,983 3,653 2,833 1,955
5.8 11.7 23.6 18.9 17.3 13.4 9.3
 香川 計        27.58 22 52 80 67 59 45 27
6.3 14.8 22.7 19.0 16.8 12.8 7.7
規模別   1〜9人       34.48 17   10 20 18 19 11
17.9   10.5 21.1 18.9 20.0 11.6
     1〜4人      34.86 11     6 4 11 4
30.6     16.7 11.1 30.6 11.1
   5〜9人      34.38 6   10 14 14 8 7
10.2   16.9 23.7 23.7 13.6 11.9
  10〜29人     25.94 5 24 45 35 20 14 10
3.3 15.7 29.4 22.9 13.1 9.2 6.5
  30〜99人     28.95   19 20 6 18 7 5
  25.3 26.7 8.0 24.0 9.3 6.7
  100〜300人   26.58   9 5 6 3 5 1
  31.0 17.2 20.7 10.3 17.2 3.4
    製造業 計      33.82 17 18 45 35 45 29 16
  8.3 8.8 22.0 17.1 22.0 14.1 7.8
       食料品       50.71 1   4 4 19 11 5
    2.3   9.1 9.1 43.2 25.0 11.4
       繊維・同製品    62.28       1 6 10 10
          3.7 22.2 37.0 37.0
       木材・木製品    21.94 6 2 11 4 5 2 1
    19.4 6.5 35.5 12.9 16.1 6.5 3.2
       出版・印刷・同関連 25.93     1 8 7 1  
        5.9 47.1 41.2 5.9  
       窯業・土石     15.53 5 6 15 12 1 1  
    12.5 15.0 37.5 30.0 2.5 2.5  
       金属・同製品    12.64 5 9 12 4 3 1  
    14.7 26.5 35.3 11.8 8.8 2.9  
       機械器具      12.15   1 1 1      
      33.3 33.3 33.3      
       その他       41.44     1 1 4 3  
        11.1 11.1 44.4 33.3  
       非製造業 計 20.89 5 34 35 32 14 16 11
  3.4 23.1 23.8 21.8 9.5 10.9 7.5
     運輸業       8.08 3 21 11 1      
  8.3 58.3 30.6 2.8      
     建設業       13.50   9 21 11 5    
    19.6 45.7 23.9 10.9    
       総合工事業     12.32   7 16 3 2    
      25 57.1 10.7 7.1    
       職別工事業     18.42   1 3 3 3    
  10.0 30.0 30.0 30.0
       設備工事業     17.22   1 2 5      
      12.5 25.0 62.5      
     卸・小売業     38.27   1   15 5 11 9
    2.4   36.6 12.2 26.8 22.0
       卸売業       26.79   1   5 2 2 2
      8.3   41.7 16.7 16.7 16.7
       小売業       40.54       10 3 9 7
          34.5 10.3 31.0 24.1
    サービス業      42.00 2 3 3 5 4 5 2
  8.3 12.5 12.5 20.8 16.7 20.8 8.3
       対事業所サービス業 41.89 1 2 1   3 1 1
    11.1 22.2 11.1   33.3 11.1 11.1
       対個人サービス業  42.24 1 1 2 5 1 4 1
    6.7 6.7 13.3 33.3 6.7 26.7 6.7


 

6.パートタイム労働者比率

 パートタイム労働者比率をみると、「0%」が46.9%と最も高く、次いで「10%未満」が17.6%となっており、パートタイム労働者比率20%
未満が全体の80.1%となっている。
 業種別でみると、1事業所あたりでは「対事業所サービス業」が「48.47人」と最も多く、次いで「食料品」の「23.91人」と続く。逆に「機械
器具」は「0.55人」と低くなっている。

表6 パートタイム労働者比率               上段:事業所数 下段:%
  1事業所あたりの比率

0%

10%未満

10〜20%   未満

20〜30%未満

30〜50%未満

50〜70%未満

70%以上
 全 国       12.32 10,767 3,486 2,338 1,516 1,552 970 443
51.1 16.5 11.1 7.2 7.4 4.6 2.1
 香川 計        14.84 165 62 55 28 23 16 3
46.9 17.6 15.6 8.0 6.5 4.5 0.9
規模別   1〜9人       12.20 51   13 6 7 9 1
58.6   14.9 6.9 8 10.3 1.1
     1〜4人      12.20 17     1 3 5  
65.4 3.8 11.5 19.2
   5〜9人      12.21 34   13 5 4 4 1
55.7   21.3 8.2 6.6 6.6 1.6
  10〜29人     9.26 73 29 28 9 11 3  
47.7 19 18.3 5.9 7.2 2  
  30〜99人     9.86 33 25 7 10 2 2 1
41.3 31.3 8.8 12.5 2.5 2.5 1.3
  100〜300人   12.29 8 8 7 3 1 1 1
27.6 27.6 24.1 10.3 3.4 3.4 3.4
    製造業 計      12.71 89 37 33 19 15 11 1
  43.4 18 16.1 9.3 7.3 5.4 0.5
       食料品       23.91 9 5 10 6 7 7  
    20.5 11.4 22.7 13.6 15.9 15.9  
       繊維・同製品    18.16 6 5 3 7 4 1 1
    22.2 18.5 11.1 25.9 14.8 3.7 3.7
       木材・木製品    4.38 18 5 4 3   1  
    58.1 16.1 12.9 9.7   3.2  
       出版・印刷・同関連 11.49 4 6 4 2 1    
    23.5 35.3 23.5 11.8 5.9    
       窯業・土石     6.02 24 8 5   2 1  
    60.0 20.0 12.5   5.0 2.5  
       金属・同製品    3.93 21 6 6     1  
    61.8 17.6 17.6     2.9  
       機械器具      0.55 2 1          
    66.7 33.3          
       その他       9.17 5 1 1 1 1    
    55.6 11.1 11.1 11.1 11.1    
     非製造業 計     16.87 76 25 22 9 8 5 2
51.7 17.0 15.0 6.1 5.4 3.4 1.4
     運輸業       8.54 20 10 4 1 1    
  55.6 27.8 11.1 2.8 2.8    
     建設業       2.03 30 9 6   1    
  65.2 19.6 13.0   2.2    
       総合工事業     1.52 19 7 1   1    
    67.9 25.0 3.6   3.6    
       職別工事業     4.40 6 1 3        
    60.0 10.0 30.0        
       設備工事業     3.23 5 1 2        
    62.5 12.5 25.0        
     卸・小売業     16.44 17 3 7 6 5 2 1
  41.5 7.3 17.1 14.6 12.2 4.9 2.4
       卸売業       6.29 8 1 1     1 1
    66.7 8.3 8.3     8.3 8.3
       小売業       18.07 9 2 6 6 5 1  
    31.0 6.9 20.7 20.7 17.2 3.4  
      サービス業      42.11 9 3 5 2 1 3 1
  37.5 12.5 20.8 8.3 4.2 12.5 4.2
       対事業所サービス業 48.47 2 2 1   1 2 1
    22.2 22.2 11.1   11.1 22.2 11.1
       対個人サービス業  15.19 7 1 4 2   1  
    46.7 6.7 26.7 13.3   6.7  

 

 

 

調査結果の概要

1.経営状況と経営上のあい路

(1)経営状況
 
 香川県内中小企業の現在の経営状況は「悪い」が57.8%を占め、以下「変わらない」(34.2%)、「良い」(8.0%)の順となっている。
「良い」は昨年度より3.0ポイント増加、「悪い」においては昨年度より5.4ポイント減少しており、経営状況の改善が期待される結果と
なった。しかし、「悪い」「変わらない」は全体の9割以上を占めており、依然として厳しい経営状況が伺える。
 業種別では「悪い」において、「設備工事業」が87.5%で最も高く、「卸売業」(83.3%)、「窯業・土石」(75.0%)、「対個人サービス
業」(73.3%)と続いている。
また「建設業」全般においては「良い」と回答した事業所はなかった。

                  

                           

(2)主要事業の今後
 
 現在行っている主要な事業の今後の考え方をみると、「現状維持」が74.6%と最も多く、以下「強化拡大」(17.6%)、「縮小」
(6.1%)と続いている。
 規模別にみると、大規模な事業所ほど「強化拡大」の割合が高く、「100〜300人」の事業所では28.6%が「強化拡大」を考え
ている。
 業種別では「卸売業」の41.7%が「強化拡大」を考えている。逆に「窯業・土石」で「強化拡大」を考えている事業所は5.0%、
「木材・木製品」では3.2%と、業種間でのばらつきがみられる。

 

表7 主要事業の今後             上段:事業所数 下段:%
  有効回答 強化拡大 現状維持 縮小・廃止 その他
 全 国       20,633 4,409 14,408