前月へ    次月

【前年同月比】

 

平成21年11月の景況
 ……中小業団体情報連絡員より……

特記事項

好転

やや好転

変わらず

やや悪化

悪化

業種(中分類) 業種(大分類) 売上高 在庫数量 販売価格 取引条件 収益状況 資金繰り 設備操業度 雇用人員 業界の景況
食料品製造業 製造業
繊維・同製品製造業 製造業
木材・木製品製造業 製造業
紙・紙加工品 製造業
出 版・印 刷  製造業
化学製品製造業 製造業
窯業・土石製品製造業 製造業
鉄鋼・金属製品製造業 製造業
一般機器製造業 製造業
電気機器 製造業
輸送用機器製造業 製造業
その他製造業 製造業
卸  売  業 非製造業
小  売  業 非製造業
商  店  街 非製造業
サービス業 非製造業

建  設  業 非製造業

運  輸  業 非製造業

その他非製造業 非製造業

 

 

【特記事項】

       (11月の景況から)

業  種 業種(小) 業界の問題点
食料品 製粉製麺 穴吹工務店の直接的な影響は少ない。しかし贈答時期を迎え間接的な影響は懸念される。最近は外食産業の落ち込みが激しく、うどん店もその例に漏れない。首都圏のうどん専門店はうどん一杯が高額(500円前後)なのに対し、それに占める小麦粉価格は僅か10円余りにしか過ぎない。しかし、最近はそのような専門店でさえ、小麦粉価格に敏感になる傾向があるので先行きが心配である。
食料品 調理食品 出荷高は前年同月比93%であった。
食料品 醤油 今年最後の月を迎え、消費不況の影響が推察される。11月単月の前年度出荷数量比はほぼ同等に回復しているが、4月〜11月の前年同期比は96%程度であり、厳しい状況下である。製造業全般に経済の勢いが感じられない。12月単月でも何とか前年同月と同等の業績を期待したい 。
繊維・同製品 手袋 11月初旬の寒さも長続きせず、手袋販売(店頭)も苦戦している。ただ、注文分の出荷は概ね順調であるが、寒さ次第では昨年に引き続き在庫として残りそうであり、来年度の受注に影響を及ぼしそうである。全体的には、防寒用、ゴルフ用とも対前年比85%前後の販売模様である。
木材・木製品 家具 穴吹工務店が会社更生法を受けた。それに伴って、当組合でも1社が1千万程度損失が見込まれていると聞いている。中小企業団体中央会が相談窓口を設置していることは承知しているが、一方金銭面での助成・助言を頂けると非常に嬉しい。
木材・木製品 製材 穴吹工務店問題の影響が、我々の業界にどのように及ぶのかが分からず、不安な日々が続く。今年の新設住宅着工数が100万戸割れし、80万戸まで落ち込むと予想され、寒々しい状況にある。
木材・木製品 木材 需要の減少により価格が下落し、取引に不安感があり、業界は活気がなく停滞している。
印 刷  印刷 不況がいつまで続くのか不透明である。この難局を如何にして乗り切るか、どの業界も具体策を模索中だろうと思う。
窯業・土石製品 生コン 穴吹工務店の経営破綻により連鎖的な組合員の倒産が発生、今後穴吹関係の影響がどの程度及ぶのか、また荷の減少による市況の下落等懸念される。
窯業・土石製品 ブロック 今年もあと1ヶ月となり、来年の動向が不透明で心配である。
鉄鋼・金属 鍍金 「ものづくり人材育成・確保事業」に係る講習会(教育訓練)を受けて、組合員企業各社、頑張っているとこである。
一般機器 一般産業用機械・装置 仕事量が落ち、悪化しているため、合見積もりが多くなったように思う。なかには仕事量の確保のために採算割れでも受注している企業があると聞いている。
その他製造業 団扇 来年度うちわ関連の材料は、値上がりの兆しは今のところない。先行不安のために値上げができない状況だと考えられる。
その他製造業 砕石 穴吹工務店の経営破綻による影響が心配である。
その他製造業 漆器 前年度比では大きな変化はないが、昨年度が例年より大きく落ち込んでおり、低水準での不変である。
小 売 業 石油 ガソリンスタンドの根幹をなすガソリンマージンが記録的低水準で慢性的に低迷し、経営を圧迫している。街道沿線は、一部の安直志向店に引きずられる格好で、全国的に低マージンを抜け出せないまま現在に至っている。
商 店 街 高松市 11月になっても動かず昨年よりどの業種も落ちている。今月から雨降りの自転車の傘さし運転が罰せられることになり、雨降りの日に人出が減ってきている。おります。すぐそこまでの所をわざわざレインコートを着る面倒が外出を減らしているのではないだろうか。法が変わればそれに馴れるまで時間がかかる。
商 店 街 坂出市 夫婦で健闘経営していた書店が奥さんの病気のため、廃業した。ご子息はサラリーマン。如何ともし難い。
商 店 街 丸亀市 とにかく「悪い」の一語に尽きる。商店街に 全く人が出て来ない。特に、銀行・役所・学校・病院が休みの日曜は、終日閑散として田舎の過疎地のようになっている。従業員を雇用していた店でも、年配の従業員に辞めてもらったり、週の勤務日数・時間を減らして社会保険からはずれてもらうなど、ある種のリストラが起こっている。
サービス業 旅館 この11月は、10月に続いてホテルの言わば、かきいれ時の繁忙月であるが、前月と同様、宴会また、他の施設は婚礼も皆無に近い状況になりつつある。宿泊人数は微増 になるも、売り上げは落ちており、歯止めが利かず、各施設値下げ合戦になりつつあり、先行き全く暗雲のみである。
サービス業 情報 地域内の状況は、低下したままで大きな変化はない。ただし、独自技術や先端的製品を有しているところは、徐々に伸び始めている。以上は、ネット系のソフトハウスに顕著であるが、従来型基幹システムは大手発注元の発注量が低下したままである。
運 輸 業 タクシー 9月以降利用者が減少している上に、11月からタクシーの燃料であるLPG価格が1L当たり5円程度値上がりして、タクシー事業の経営は厳しくなっている。
運 輸 業 トラック 高速道路の利用料金額では、10月が今年度最高となったが、個々の組合員の利用状況には未だバラツキがあり、全体としては低調に推移している。なお、穴吹工務店関係の荷物を間接的に運んでいる組合員がどの程度いるのかは不明だが、現在のところは特段の情報は入っていない。
運 輸 業 貨物 輸送量は昨年11月から大幅に減少したため、対前年同月比では昨年水準並となったが、低水準で推移している。

 

トップへ