年頭のご挨拶


 

 
 

 

 

 

香川県中小企業団体中央会
会 長   国 東 照 正




 明けましておめでとうございます。
 皆様方には、平成30年の輝かしい新春をお健やかにお迎えのことと心からお慶び申し上げます。
 また、平素は本会の運営に際しまして、格別のご支援とご協力を賜っておりますことに深く感謝申し上げます。
 さて、我が国経済は、各種政策の効果により、緩やかな回復基調にあると言われているものの、少子高齢化に伴う慢性的人手不足の構造的要因に加えて、地政学リスクに起因する原油高、運送料や人件費等の負担増等、内外の諸要因が経営コストを上昇させており、中小企業においては依然として収益改善が見られず、特に地方においては厳しい状況が続いています。
 こうした中、我が国経済の活力の源泉であり、地域経済を支える屋台骨としての使命を担っている我々中小企業が今後とも持続的に発展していくためには、時代の変化を的確に把握し、個々の事業者では対応が難しい経営課題について、中小企業組合をはじめとする多様な連携組織を通じ相互に補完しあうことにより、環境変化に即応できる経営体質を作り上げていくことが肝要であると考えます。
 本会といたしましては、本年も引き続き、会員組合及び組合員の皆様並びに地域の振興発展のため、中小企業団体唯一の専門支援機関として、組合等の連携強化や組織化による創業支援、新分野に進出する中小企業組合支援など国・県の中小企業施策に沿った各種事業をより一層積極的に推進致します。また、厳しい経営環境の中、果敢にチャレンジする意欲ある中小企業と組合の皆様の一助となれるよう、ものづくり・商業・サービスの分野で革新的な取り組みへの支援に努める所存であります。
 最後になりましたが、新年を迎え、中小企業組合をはじめとする関係者の皆様方が心も新たに、本県経済の発展と中小企業の振興のために邁進されますことをご期待申し上げますとともに、本年が皆様方にとって希望に満ちた一年となりますことを心よりお祈り申し上げまして年頭のご挨拶とさせていただきます。