第74回中小企業団体全国大会報告

      
 11月10日、「出島メッセ長崎」(長崎県長崎市)において「第74回中小企業団体全国大会」が開催され、全国から中小企業団体の代表者約2,000名が参集、本県より22名が参加しました。

 本大会では、小林洋司・厚生労働審議官、平田研・長崎県副知事、田上富久・長崎市長、関根正裕・株式会社商工組合中央金庫代表取締役社長よりご祝辞を頂戴し、西村康稔・経済産業大臣、野村哲郎・農林水産大臣よりビデオメッセージを頂戴しました。


 大会は、石丸忠重・長崎県中小企業団体中央会会長が議長に、桑野龍一・福岡県中小企業団体中央会会長、佐藤勘三郎・宮城県中小企業団体中央会会長がそれぞれ副議長に選任されて議事が進行し、中小企業・小規模事業者等の経営強靭化・成長促進支援等の拡充、中小企業・小規模事業者の実態を踏まえた労働・雇用・社会保険料対策の推進、中小企業・小規模事業者の積極的な事業活動を支える環境整備など14項目を決議しました。

 また、晝田眞三・岡山県中小企業団体中央会会長が「総合経済対策の早期執行と地域を支える中小企業の持続的発展に向けた活力強化」と題して意見発表を行い、本大会の意義を内外に表明するため、山下顕伸・長崎県中小企業団体中央会青年部会長が「大会宣言」を高らかに宣しました。

 これと併せて、本大会では、優良組合(40組合)、組合功労者(74名)、中央会優秀事務局専従者(27名)の表彰が執り行われました。本県からは優良組合として協同組合オリーブエコサービス(味本圭祐理事長)が表彰されました。

 第75回全国大会については、令和5年10月11日、宮城県において開催されることを発表するとともに、大会旗が森会長から佐藤勘三郎・宮城県中小企業団体中央会会長へと継承され、 佐藤会長が次期開催地会長挨拶を行いました。その後、豊永厚志・()中小企業基盤整備機構理事長のかけ声で万歳三唱の後、閉会となりました。
 
        
 
優 良 組 合
協同組合オリーブエコサービス (理事長 味本 圭祐 氏)
設立年月日 平成23年10月

組合員数   6名  専従者数 15名

主な共同事業 @一般廃棄物収集運搬業務の共同受注事業

 
             
  大  会  決  議  
             
     
    T.中小企業・小規模事業者等の経営強靭化・成長促進支援等の拡充     
   
  1. 現下の危機的課題の克服に向けた経済再生支援策の拡充強化
  2. 中小企業・小規模事業者の成長促進、持続的発展に向けた支援強化
  3. 中小企業団体中央会の指導体制・支援機能の抜本的強化、中小企業組合制度の拡充・改善
  4. 地域経済の好循環の推進、地域課題の解決
 
             
    U.中小企業・小規模事業者の実態を踏まえた労働・雇用・社会保険料対策の推進     
   
  1. 中小企業の人材育成・確保・定着対策
  2. 新型コロナウイルス感染症の影響長期化に配慮した社会保障制度の見直し
  3. 外国人技能実習制度と特定技能の見直し
 
     
    V.中小企業・小規模事業者の積極的な事業活動を支える環境整備     
   
  1. 中小企業金融施策の拡充
  2. 中小企業・組合税制の拡充
  3. 中小製造業等の持続的発展の推進
  4. エネルギー・環境対応への支援の拡充
  5. 卸売・小売業・まちづくりの推進に対する支援の拡充
  6. サービス業支援の強化・拡充
  7. 官公需対策の強力な推進
 
     
             
     
  ▲香川県中央会参加者   ▲大会の様子  
       

Copyright(C) Kagawa Federation of Small Business Associations.Arr rights reserved.