第67回中小企業団体全国大会報告

 11月20日、沖縄コンベンションセンター(沖縄県宜野湾市)において、『団結は力 見せよう組合の底力!〜組合でひろがる中小企業の発展〜』を合い言葉に、「第67回中小企業団体全国大会」が開催され、全国から中小企業団体の代表者2,300名が参集しました。
 本大会には多数のご来賓よりご出席を賜り、星野剛士経済産業大臣政務官、島尻安伊子内閣府特命担当大臣、とかしきなおみ厚生労働副大臣、伊藤吉孝農林水産副大臣、杉山秀二商工組合中央金庫代表取締役社長よりそれぞれご祝辞を頂戴しました。また、政党代表として、茂木敏充自民党選挙対策委員長、冨田茂之公明党幹事長代理からご挨拶を頂戴し、翁長雄志沖縄県知事、佐喜眞淳宜野湾市長より歓迎のご挨拶を頂戴しました。
 沖縄県中央会津波古会長を議長に大会議事が進行し、「景気対策、被災地を含めた地域の活性化」、「生産性の向上」、「持続的成長の促進」等を具体化し、全国385万の中小企業・小規模事業者の事業の持続的発展を実現するための中小企業対策の拡充に関する14項目を決議しました。
 決議案に関連して、小正芳史副会長(鹿児島県中央会会長)より、人口減少が進む地域を活性化し、全国津々浦々の中小企業が景気回復を実感できるよう、経済の好循環を確実なものとする景気対策を求める意見発表が行われ、満場の賛同を得て決議案は採択されました。
 さらに、本大会の意義を内外に表明するため、 石川誠司沖縄県中小企業青年中央会会長が、「大会宣言」を高らかに宣し、満場の拍手の下、採択されました。
 これと併せて、本大会では、優良組合33組合、組合功労者71名、中央会優秀専従者29名が表彰され、本県からは組合功労者として白川正昭氏(中讃建設業協同組合理事長)、石井美智夫氏(善通寺市上下水道工事業協同組合前副理事長)、片岡義宏(本会総務企画部係長)の3名が表彰されました。 なお、次期全国大会は、来る平成28年10月19日、いしかわ総合スポーツセンター(石川県金沢市)において開催することを決定しました。

 
 

組 合 功 労 者

組 合 功 労 者

白川 正昭 氏 石井 美智夫 氏
中讃建設業協同組合
 理事長
善通寺市上下水道工事業協同組合 
 前副理事長
昭和53年12月設立 昭和56年1月設立
組合員数 26名 組合員数 11名

 大会決議

<景気対策、被災地を含めた地域の活性化>
 1.景気対策、被災地を含めた地域の活性化
 2.中小・小規模事業者の持続的発展
 3.福島・被災地の復興の加速化
<生産性の向上>
 4.組合等連携組織等を活用した生産性の向上の強化
 5.海外展開の推進
 6.電力コストの軽減等に向けた環境・エネルギー対策の強化
 7.公正な競争環境の整備
 8.官公需対策による経営支援の強化
 9.中央会等支援体制の整備・強化
<持続的成長の促進>
 10.資金調達の円滑化等
 11.投資等を促進する税制の拡充
 12.まちづくりの推進、商業対策の拡充強化
 13.社会保障制度の見直し
 14.中小企業の実態を踏まえた労働・教育対策の推進

   

 

 ▲香川県中央会参加者 ▲大会の様子