第63回中小企業団体全国大会報告


 

 11月17日、『立ち上がろう!中小企業 絆を活かして』をキャッチフレーズに、第63回中小企業団体全国大会が名古屋国際会議場・センチュリーホール(愛知県名古屋市)で開催されました。
 本大会には、全国から中小企業団体の代表者約3,000名が参集し、本県からは国東会長をはじめ30名が参加、牧野経済産業副大臣他、政党代表、関係機関代表、大村愛知県知事、河村名古屋市長など多数のご来賓のご臨席を得ました。
 大会では、「東日本大震災からの復旧・復興を加速化」並びに「円高・空洞化対策と国内立地企業への支援の強化」を具体化するための中小企業対策の拡充に関する11項目について決議しました。
 また、決議案に関連して、福島県中央会新澤会長より「津波・地震被害対策、被災中小企業組合等の復旧・復興支援の拡充と東京電力福島第一原子力発電所事故の早期収束」、愛知県中央会伊藤副会長より、「円高・空洞化対策と国内立地企業への支援の強化について、大胆な国内投資を促進する必要がある」とした意見発表が行われました。 さらに、優良組合35組合、組合功労者71名、中央会優秀専従者40名が表彰され、本県からは、組合功労者として大西由紀氏(大野原石油エルピーガス商業協同組合理事長)、松永雪夫氏(香川県生コンクリート工業組合理事長、本会理事)が表彰されました。
 最後に、本大会の意義を内外に表明するため、宮城県中央会後藤会長が、決議事項の早急な実行を求めるとともに、中小企業・中小企業組合が地域社会の絆を再生し、力を組織に結集し、豊かな社会を実現するよう全力を尽くすことを誓うとした『大会宣言』を高らかに宣言し、満場の拍手の下、採択されました。
 なお、次期全国大会は、来る平成24年10月25日、宮崎県において開催することと決定しました。
 

組 合 功 労 者

 大西 由紀 氏  松永 雪夫 氏
 大野原石油エルピーガス商業協同組合理事長  香川県生コンクリート工業組合理事長
 平成12年7月設立  昭和48年6月設立
 組合員数 7名  組合員数 31

 大会決議

1.津波・地震被害対策、被災中小企業・組合等の復旧支援
2.東京電力福島第一原子力発電所事故の早期収束
3.円高・産業空洞化対策の迅速な実施
4.組合等連携組織対策の強化、中央会への支援の強化
5.公正な競争環境の整備、官公需対策の強化
6.万全な資金繰り対策の継続及び中小企業金融機能の拡充
7.国内産業を活性化させる中小企業関係税制の拡充
8.社会保証制度の見直し
9.中小企業の実体を踏まえた労働・教育対策の推進
10.商店街等及び中小小売商業の活性化支援の拡充
11.中小流通業・サービス業振興対策の強化  

   

 ▲大会の様子 ▲香川県中央会参加者