第61回中小企業団体全国大会報告

 去る11月19日、『激動のとき 今こそ発揮 団結の力!』をキャッチフレーズに、第61回中小企業団体全国大会が幕張メッセ「イベントホール」(千葉県)で開催されました。

 本大会には、全国から中小企業団体の代表者約3,300名が参集し、本県からは国東照正会長をはじめ26名が参加しました。

 直嶋正行経済産業大臣他、政党代表、関係機関代表、森田健作千葉県知事、関哲夫株式会社商工組合中央金庫代表取締役社長など多数のご来賓のご臨席を得ました。 大会では、「景気対策の実施とものづくり支援の強化について(千葉県中央会・篠原敬治副会長)」「連携組織対策、資金繰り対策、中小企業税制の充実強化について(岩手県中央会・鈴木宏延会長)」「中小企業に配慮した労働対策の推進、中小商業・サービス業対策の充実について(富山県中央会・黒田輝夫会長)」の意見発表が行われた後、中小企業が直面している重要課題16項目(下記参照)が決議されました。

 また、優良組合38組合、組合功労者67名、中央会優秀専従者33名が表彰され、本県からは、組合功労者として三好忠廣氏(香川エルピーガスクリーン協同組合理事長)、斉藤孝氏(香川県建築設計協同組合理事長)が表彰されました。

 最後に、決議事項の早急な実現を求める「大会宣言」が採択され、次期大会は奈良県で11月18日に開催されることが発表されました。

組合功労者

三好 忠廣

斉藤  孝

香川エルピーガスクリーン協同組合理事長 善通寺市上下水道工事業協同組合 理事長
平成11年10月設立 昭和50年4月設立
組合員数24名 組合員数33名

 

大会決議


          1.経済危機に対する中小企業対策の強化

          2.持続的成長に向けた中小企業予算の大幅な増額

          3.連携・組織化政策の抜本的強化、組合制度の充実

          4.中小企業団体中央会の機能強化

          5.中小企業に配慮した雇用対策の推進

          6.安心できる社会保障制度等の見直し

          7.下請法の整備・機能強化と取引適正化の徹底

          8.不当廉売等への迅速かつ実効性のある対処

          9.地元中小企業と官公需適格組合の受注機会増大実現

         10.中小企業のIT活用支援の強化・拡充

         11.資金繰り対策の継続及び中小企業金融機能の拡充

         12.中小企業の事業継続・活力維持・成長力強化に向けた税制支援の拡充強化

         13.中小企業に配慮した労働・教育政策の推進

         14.商店街及び中小小売商業の活性化支援の拡充

         15.中小流通業・サービス業振興対策の強化

         16.中小企業の社会的課題対応への支援強化
 


 

 

 

 

戻る