10月19日、『広げよう連携の絆 新たなる飛躍のとき』をキャッチフレーズに、第58回中小企業団体全国大会が、渋谷C.C.Lemonホール(東京都)で開催されました。 本大会には、全国から中小企業団体の代表者約2,100人が参加、本県からは国東照正会長をはじめ35名が参加しました。
 甘利明経済産業大臣他、各関係機関代表多数のご臨席を得たほか、安倍晋三内閣総理大臣をはじめとする各方面からメッセージが多数寄せられました。
 大会では、「中小企業対策・中小企業連携組織対策の拡充・強化、組合制度のさらなる改善」「中小企業金融対策の拡充」など中小企業が直面する重要課題12項目が決議されました。
 また、優良組合32組、組合功労者72名、中央会優秀専従者38名が表彰され、香川県からは、優良組合として高松田町商店街振興組合(秋山滋理事長)、組合功労者として小竹義孝氏(香川県建築事業協同組合理事長)が表彰されました。
 最後に、決議事項の早急な実現を求める「大会宣言」が採択され、次期大会開催地が東京であることが発表されました。
 
優良組合

組合功労者

高松田町商店街振興組合

小竹 義孝

代表理事 秋山 滋 香川県建築事業協同組合理事長
昭和46年11月設立 昭和49年10月設立
組合員数 119名 組合員数 38名


 

大会決議

 1.中小企業対策・中小企業連携組織対策の拡充・強化、組合制度のさらなる改善
 2.中小企業金融対策の拡充
 3.信用組合に対する支援の充実
 4.中小企業関係税制等の充実・強化等
 5.抜本的な事業承継税制の確立
 6.中小企業を重視した労働・教育政策の推進
 7.社会保障制度改革に関わる企業負担の抑制等
 8.中小企業並びに官公需適格組合への官公需発注の増大実現
 9.改正まちづくり三法の実効ある運用と中小商業・物流業・サービス業振興対策の強化

 10
.不当廉売等の防止及び下請取引の適正化の強化
 11
.環境・資源・安全対策への支援強化
 12
.組合等を中心としたICT対応支援策の拡充


 

 

 

 

戻る